テクニカル監査レポート

はじめに

カルダノは、プロトコル開発の科学的リサーチにおける標準アプローチである、ピアレビューを採用しています。

私たちはプロトコルの設計と実装には、同様のアプローチが必要だと考えています。その為カルダノ財団は、プロジェクトの最終監査役として選ばれ、FP Completeはカルダノ開発チーム(IOHK)によって作られたプログラム作業を独立した第三者として監査します。

これは、カルダノプロジェクトの透明性を高めるだけでなく、IOHKがこのプロセスを通して、カルダノ実装に使用される設計手法とコーディングを最適なものにします。

FP Completeによって実施された監査は、2017年12月に開始され、2018年2月にフルレポートが完成しました。 FP Completeはカルダノ財団にレポートを定期的に作成します。 このレポートは監査結果が記載され、コミュニティと共有されます。

この開発アプローチはわれわれ独自の方法であり、イノベーションと技術的厳密さに対するカルダノの心意気の現れです。

ご注意:レポートは月単位で作成されており、その月の最終日に発行されます。

そしてIOHKにレポートを渡し、2週間、IOHK側からのレビューとフィードバックを待ちます。

これによれば2月分レポートの場合、3月末に公表されることになります。ただし今回が初めてのレポート作業であったため、プロセスが改定されかつレポートの形態が修正されたため、遅延が起こりました。

カルダノ財団は、できるだけ早くレポートのスケジュールとプロセスに一貫性を持たせることを目指します。 プロジェクトの性質上、多くの項目において継続的に監査される上、後続のレポートで状況が更新されるでしょう。

FP Completeについて

FP Completeは、最先端オープンソースのサーバーサイドソフトウェア開発とデブオプス・コンサルティングを行なっている会社です。FinTech会社に特化し、彼ら特有の問題を解決する手助けを行なっています。企業データと情報の完全性、データセキュリティ、設計やデザイン、システムインテグレーション、企業コンプライアンスなどがその一例です。FP Completeは、Haskell言語を使用して関数型プログラミングコミュニティに貢献したことで世界に名を馳せました。彼らの貢献により、数えきれない会社が自社ソフトウェア製品の速度と品質を向上させました。フォーチュン500に属するバイオテクノロジー企業から、小規模のブロックチェーン関連FinTechソフトウェア企業まで、独特かつ複雑な問題を巧みな業績により解決してきました。

レポート

カルダノ財団監査レポート

カルダノ財団の協力により、FP Completeにより作成されました。
2018年2月

このレポートは、以下の取り組み(コミット)に基づいています:

• cardano-sl: 535c36cf9496958e96aabf57bb875012060b3b34

• daedalus (ダイダロス): d9afc5d4308b3b0f8f2467d3db8bb54c4746537e

これは最終レポートではなく、これまでにレビューされた内容のダイジェストです。

注:このレポートは一般公開用です。

この監査レポートは暫定的とみなし、不完全でもあります。プロジェクトの必要不可欠な情報の一部分はレビューされていません。不正確な情報も一部ございます。 私たちは今後レポート作成プロセスを繰り返すことで、改善をしていく所存です。

Back to top