哲学


もっと見る

Cardanoは2015年に暗号通貨のデザインと開発を変えるという精神を持って生まれました。いくつかのイノベーションだけでなく全体に焦点を当て、より持続可能でバランスの取れたエコシステムの構築とシステムの統合を求める声に答えました。多くのオープンソースプロジェクトの精神に則り、Cardanoは包括的なロードマップや、ちゃんとしたホワイトペーパーが無い状態で始まりました。デザインや、やり方にこだわるよりも、ベストな実験と探求をエンジニアリングしました。それらは以下のものを含んでいます。

  • 会計と計算を違うレイヤーに配置する。
  • 機能的で取り替え可能な中核コンポーネント
  • ピアレビュー研究と競合する小規模の学者および開発者グループ
  • 情報セキュリティの専門家の早期利用を含む学際的なチームの多用
  • ホワイトペーパー間の高速反復、レビュー中に発見された問題を修正するために必要な新しいアップデート
  • ネットワークを破壊することなく展開後のシステムをアップグレードする機能を構築する
  • 将来の仕事のための分散型資金調達メカニズムの開発
    合理的かつ安全なユーザーエクスペリエンスを備えたモバイルデバイスで動作できるように、暗号化通貨の設計を改善する長期的視点
  • ステークホルダーの操作とその暗号化の維持
  • 同じ台帳内の複数の資産を考慮する必要性を認識する
    レガシーシステムのニーズをよりよく満たすために、オプションのメタデータを含むようにトランザクションを抽象化する
  • 意味のある機能を取り入れることで、ほぼ1,000のaltcoinから学ぶ
  • 専用の基盤を使用してインターネットエンジニアリングタスクフォースからインスピレーションを得て、最終的なプロトコル設計をロックダウンする標準駆動プロセスを採用する
  • 商取引の社会的要素を探る
  • Bitcoinから継承されたいくつかの基本原則を妥協することなく、規制当局が商取引

とやりとりするための健全な中間地を見つけ出す
このような構造化されていないアイデアから、Cardanoに取り組んでいる初期メンバーは、暗号通貨の文献の探索と抽象化のツールセットの構築の両方を開始しました。この研究の成果は、IOHKの膨大な論文ライブラリ、この最新のスクリプト言語概要、スマートコントラクトのオントロジー、Scorexプロジェクトなどの多数の調査結果です。暗号通貨産業の珍しい時代と逆効果的な成長に感謝しています。

Back to top